お陰様で創業30周年
〔御礼:大奉仕実施 今月から〕

*施術代:5500円⇒4000円(通院継続も同額)
*初検料:2000円⇒無し。*消費税:不要
*施術時間:約30分  


 

(この写真「北アルプス」はイメージ写真)


所在地:千葉県船橋市前原西2−14−1(JR津田沼駅前)

自然心療:自然整体

《心身再生術》:症例と治癒

当院紹介(所在地・料金他) 

全国からご来院
【遠来の方は、宿泊施設のご予約もお早めに!】


現代精神医療の盲点!

根本原因は
首の極度の凝り」にある!の認識が、国民・医療者にようやく拡がっては来ましたが、
まだまだ
「盲点」と言う現実は変わっておりません。
それだけ「先入観」は怖いと言えます。なぜなら心療系のお医者さんは未だに首に触ってもいません。
*将に、当院の創業30年は、その「盲点(先入観)」打破と、医療改革の歴史と言えます。

《パニック障害・自律神経失調症・不安障害・各種神経症に成る原因は以下の通り》

ストレス・長時間PC(携帯・ゲーム)等⇒首の極度の凝り⇒脳への血流障害⇒視床下部のダメージパニック障害・自律神経失調症・不安障害・各種神経症(症状:めまい・動悸・吐き気・息苦しい・恐怖感・不安感他)


《うつ病に成る原因は以下の通り》 (注: DLPFC=前頭前皮質背外側部)

ストレス・長時間PC(携帯・ゲーム)等⇒首の極度の凝り⇒脳への血流障害(前頭葉DLPFCの血流量減少)zentouyou.pdf へのリンクへんとう体の過剰暴走(不安・恐怖・悲しみ・憂鬱の過剰)うつ病


特報! 当院療法(下欄「原因発見&回復方法」)を、西洋医学も追認・立証!

@【金スマ】自律神経失調:番組(h28.4)も証明!
《首の凝りを緩める》「首には重要な血管や神経が集中しており、
ここの血流が悪くなると副交感神経のはたらきが阻害される(即ち症状化)」。

A《読売新聞掲載:「自律神経失調症は、首の凝りが影響」》
最近ようやく、精神医学界でも、この事が理解されてきた。
当然、パニック障害等神経症も「首の凝りが影響」は言うまでもない。
しかし、この事に気づくまで何と時間がかかったことであろうか。
西洋医学一辺倒による医学界の怠慢と言える。


B《NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」》
  *うつ病は、前頭葉の血流不足が原因(下欄参照)
 

  「検索」等でのご来訪に感謝申し上げます

上述の
新聞掲載やTV等、マスメディアを介した精神医学界での追認」のお陰もあり、
下欄の
「発症原因」を理解
されてのご来院が、最近は多くなりました。

少し前までの、
「天下の大病院:精神科で治らないものが、たかが街の整体院なんぞで治るものか!治る訳がない!」
と言う、社会的通念・固定観念・先入観から、なかなか脱せられなかつた状況から見れば、
国民の認識に大きな変化が出て来たと言えます。

即ち、この事は何を物語るかと申しますと、こう言う事になります。

大病院の精神科や有名クリニック(即ち薬物療法)では、以下「発症原因」の悪循環を断ち切る事が出来ない!要するに、薬では症状の根源である
「首の極度の凝り」を治せないのであります。
この重要な事実に、ようやく一部のお医者さんが「気がついた」、と言う事を
上記の報道は意味するのであります。
精神科のお医者さんは首を触りもしないから
、「首の極度の凝り」それ自体を認識(診断)出来なかつたのです。
故に認識出来ないものを治す事は出来ない、は道理なのであります。
尚、薬で「視床下部」を活性化しても、根本の
「首の極度の凝り」を解除しなければ、
又、症状は直ぐ元に戻ってしまいます。
最重要項目は、症状(現象)の根源(本質)は、何処に有るかを見抜く事にあります。
「上っ面(うわっつら)」を撫でても、改善は覚束ないのであります。



《パニック障害・自律神経失調症・不安障害・各種神経症に成る原因は以下の通り》
ここが未だに
現代医学の盲点であり、尚かつ、MRIでは以下プロセスの異常を発見できていない

ストレス・長時間PC(携帯・ゲーム)等⇒首の極度の凝り⇒脳への血流障害⇒視床下部のダメージパニック障害・自律神経失調症・不安障害・各種神経症(症状:めまい・動悸・吐き気・息苦しい・恐怖感・不安感他)

*肝腎な点は、上記症状の原因である「首の極度の凝り⇒脳への血流障害⇒視床下部のダメージ」を、当院療法「心身再生術」なら徹底的に解除出来る。そうする事で症状が回復すると言う事なのです。


《うつ病に成る原因は以下の通り》 (注: DLPFC=前頭前皮質背外側部)

ストレス・長時間PC(携帯・ゲーム)等⇒首の極度の凝り⇒脳への血流障害(前頭葉DLPFCの血流量減少)zentouyou.pdf へのリンクへんとう体の過剰暴走(不安・恐怖・悲しみ・憂鬱の過剰)うつ病

*肝腎な点は、上記症状の原因である「首の極度の凝り⇒脳への血流障害⇒へんとう体の過剰暴走」を、
当院療法
「心身再生術」なら徹底的に解除出来る。そうする事で症状が回復すると言う事なのです。


【NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」】
でも、前頭葉の血流量減少が、うつ病原因になる、
と以下のように報告している。

〔以下、放映分要約〕
*薬による治療では、上記症状の原因は改善できないと言うこと。
*ひとくくりに「うつ病」と診断されてきた患者の中に、実はさまざまなタイプの精神疾患が含まれていることが分かってきた。誤診を防ぎ適切な治療につなげられると注目されているのは、脳血流の画像診断装置・光トポグラフィー(NIRS)による診断だ。前頭葉の血流量の変化を測定することにより、「うつ病」と症状が似ている「双極性障害」や「統合失調症」とを客観的に見分けられるようになってきた。また薬による治療で改善が見られない患者への新たな治療法として注目を集めているのが、脳に直接、磁気刺激を与える方法だ。機能が低下している脳の部位を磁気で刺激し症状を改善しようというもの。
 

〔院長:補足説明〕 
尚、脳に直接、磁気刺激を与える方法で、
「磁気
前頭葉DLPFCの血流量増加へんとう体の暴走抑制⇒うつ病改善」
が出来たとしても、根源的な肝腎の「首の極度の凝り」を解除していなければ、再度「前頭葉DLPFCの血流量減少」即ち、再発をしてしまう可能性が大なのです。
やはり、前述の「土台を根本的に修繕しなけれは直(治)らない」は、
ここにも当て嵌まるのであります。
当院療法「首の極度の凝り」解除し、それに繋がる前述「症状形成プロセス」を
解除できるが故に、治癒に繋がるのであります。
 


*番組 【NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」】
現在観る事ができません。以下サイトから、解りやすい「画像入り解説」が観られます。画面をクリックして下さい。

NHKスペシャル 「ここまで来た!うつ病治療」 2月12日        

又は、
宝島社新書『NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる』」で詳細を読む事が可能です。

参考:不安・うつからの脱出方法
(自助努力編)
   


院長の声(重要)





パニック障害・うつ・神経症:施術方法と治癒例   


   
   当院紹介(所在地・料金他)  心療Q&A(よくある質問)  (トップページへ)

                                 【精神科系:病気の根源】
                                    参照:視床下部図  視床下部経路図


以下は「症状と治癒」実例(症状履歴・服用薬他)

症例1.男性(大阪)・20歳・飲食店夜間勤務(休職中)
*症状及び症状歴(パニック障害:めまい・動機・吐き気・頭痛・不眠症・息苦しい。外出・乗り物・対人恐怖)

中学3年(15歳)部活サッカー夏合宿中に発病(異常発熱)。

二年前(18歳)自動車教習所、学科時にパニック障害初発作。その後、人間、乗り物が怖い。息苦しくなり胸の辺りに衝撃が来る。ひどい時は耳鳴りがして倒れそうになる。
それから電車に乗れない。犬の散歩もできない。



*原因
 1.サッカー合宿過労〜ストレス(対人?)


*服用薬(病院)
  安定剤


*治療経過(治療方法)
1ヶ月マンスリーマンション宿泊治療(家族に車で送ってきてもらう)。

10日間1日2回治療。その後1日1回治療。計約1ヶ月治療。
10日後位からジョギング30分、電車5駅間乗車可能。

帰宅後今迄出来なかった犬の散歩、車の運転可能になる。
二ヵ月後、社会人サッカー練習再開。
約4ヶ月後、復職。


****************************************

症例2.男性(神奈川)22歳・医大生)

*どうき・不眠症・肩こり・登校拒否・うつ病

2年前大学入学後、部活・クラスの人間関係うまくいかずパチンコへ逃避。毎日約5時間遊興。一年前、部活合宿中、心臓バクバク・脂汗。救急車で運ばれる。
その後勉強手につかず。単位挽回できない焦り。
授業にも出れず。食欲なく激痩せ。鬱になりやる気なし。パチンコ逃避。

*原因
上記記載。


*服用薬:
ハルシオン(効果なし)


*治療経過(施術期間中のパチンコ厳禁。週2〜3回施術)

施術3回目から体力回復。同時にめまい・どうきが少なくなる。
5回目:食欲出る。
10回:授業他ほぼ正常生活に復帰。

****************************************

症例3.男性(岡山県)・31歳・会社員
*動悸・めまい・乗物恐怖(自動車:高速道路がダメ)・対人恐怖。

3年前、仕事からの自動車帰宅途中、めまい・ふらつき・視野狭くなる。

数日後から動機が多くなる。
脳外科(CTスキャン・MRI異常なし)自律神経失調症と診断。

その後、2年間めまい・動悸ひどくなる。

4ヶ月前、心療内科(診断:パニック障害)安定剤二種類。
めまい多少良くなる。現在に至る。


*原因
パソコン(入社後8年間1日5〜8時間)・職場ストレス(上司)

*パソコン歴
8年前から、毎日(勤務中)5〜8時間。

*服用薬
安定剤2種


*治療経過
長期休暇取れぬ為、1回目は2泊3日ビジネスホテル泊で4回施術。
その後1泊2日治療を4回(月1〜2で続行)。

1回目(4回施術後):施術後のもみ返し(好転反応)首の痛みが帰郷後、1週間有り。
その痛みが取れると同時に症状(動悸・めまい)が大分良くなる。

その後1泊2日治療繰り返すに従い好転。

5回目後:回復。(本人の弁:退職して治療に専念しようと思ったがそれをしなくても済んで良かった!)

****************************************

症例4.女性(福岡)21歳・現在無職

*めまい・動悸・吐き気・頻尿・不安感

1年前から、肉親ガン病のため、勤務後毎日病院へお見舞い。
その為過労と精神的余裕を失う。

半年前、友人宅からの帰路発病(めまい・動悸)

電車乗っておれず途中で下車。

1ヵ月後、デパートへ買い物の為電車で外出。
帰路パニック。恋人に迎えに来てもらう。
以降、電車恐怖で乗れなくなる。

仕事にも支障。その為退職。

自動車は乗れるので、何とか通院が可能。

*原因:上述


*パソコン使用歴

最近(1日約1時間)


*服用薬
ドグマチール(生理止まる)・ソラナックス・・・あまり効かない。


*治癒経過

約1ヶ月、毎日通院。
めまい・動悸・吐き気かなり楽になる。

電車に1〜2駅乗れるようになる。
1週間後、自宅から1時間半の通院何とかできる

以降調子悪いとき以外電車通院。


****************************************

症例5.男性(群馬)・34歳・すし職人

*肩の凝りと痛み・めまい・動悸・吐き気・頭痛・息苦しい

5年前、休日ゴルフ後、帰路電車内で息苦しさ・吐き気の為下車。
しばらくして、仕事中にも息苦しくなる。紙袋でしのぐ。
精神科へ行く(診断は自律神経失調症)
それから電車に乗れない。バイク利用。


*原因

職場ストレス(後輩指導が巧くいかず)。
すし職手作業から来る肩・首の異常な凝り。不景気による上司からの叱責。


*服用薬

  安定剤・抗うつ剤


*治療経過(休日のみ週一回)

1回目後:その日、電車に一駅乗れた。首・肩、楽になる。

2回目後:頭痛・めまい・動悸楽になる。

5回目後:不眠好転。

11回目後
上記症状全般から解放。
****************************************
〔最近の治癒例〕

性別・年齢・住所

症状

治癒状況

本人の声

男性(高校生)

静岡県

うつ病。

大学受験勉強で、首が極度に凝る。

その為に、首が曲がらなくなり、勉強に支障。自殺願望も時々出る。

週1回、計9回で治癒。

首の俯きが可能となって、勉強が楽になった。

気持ちが前向きになれて、国立合格も夢でなくなった。

 男性・36才

千葉県内

 パソコン病

(10年毎日6時間PC使用)。

一年前、電車の中でパニック。それ以来電車恐怖。

(不安・動悸)

 週2回X3=6回で治癒

千葉から 東京まで快速のグリーン車で行かなければならなっかったのが普通で乗れるようになった。

 女性・29才さいたま市

 パソコン病

夜勤中もPCで、生活のリズムが狂う。

 

通勤中、発病

(動悸・吐き気・息苦しい)。

 1日2回コースX8=16回(8日間)で治癒。

 普通に、夜勤もこなせるようになった。

 男性・48才・福岡市

*自律神経失調症(PC病も含む)

頭痛・吐き気・動悸・乗り物恐怖。

 *20年間、精神科その他様々な治療をするが、治らず。

 2〜4日間(3・4回コース)を月一回。

約3ヶ月で概ね治癒。

 是で諦めていた結婚が出来る!嫁さんを探すつもり。

女性:43才(神奈川)

5年前から、左首肩の極度の凝り及びめまい。
2年前から広場恐怖症と緊張性頭痛。

週2〜1回、
計5回で治癒。

子供のPTAにも出れるようになった!


 うつ病他:遠方来院者(1ヶ月集中通院)

 複合症状:症例 (うつ病・パニック障害)
   (上記をクリックすれば見れます)

  院長の声(重要) 当院紹介(所在地・料金他)  心療Q&A(よくある質問)  (トップページへ)

パニック障害:資料請求


下段をクリックし、簡単にご自分の症状と「カウンセリング依頼」と書いて送信して下さい。(メールカウンセリング無料)

パニック障害:症例
次へ
戻る
(トップページへ)

メールはコチラからどうぞ
    又は、カウンセリング送信用(こちらが書き易いです)
 (お気軽にメールカウンセリングを)

当ホームページ掲載内容の知的所有権は、《自然心療:自然整体》院長にあります。
  無断の借用・転用を禁じます。
Copyright (c) 1999-2025 《自然心療:自然整体》All Rights Reserved




QLOOKアクセス解析