自然心療:自然整体

   実績20年 全国からご来院

千葉県船橋市:JR津田沼駅前(JR東京駅より30分。羽田空港より直通バスで1時間)》

特報! 当院療法を西洋医学も追認・立証!

@《某大手新聞掲載:「自律神経失調症 首の凝りが影響」》
・・・・最近ようやく、精神医学界でも、この事が理解されてきた。
しかし、何と時間がかかったことであろうか。欧米化一辺倒による医学界の怠慢と言える。

A《NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」:うつ病は、前頭葉の血流不足が原因(下欄参照)》



複合症状:症例と治癒

 「検索」等でのご来訪に感謝申し上げます。

上述の新聞掲載やTV等、マスメディアを介した精神医学界での追認」のお陰もあり、下欄の「症状化メカニズム」を理解されてのご来院が、最近は圧倒的に結構多くなりました。

少し前までの、
「天下の大病院の精神科で治らないものが、、街の整体治療院で治るものか!?」
の固定観念・先入観から、なかなか脱せられなかつたのから見れば、国民の認識にかなり大きな変化が出て来たと言えます。

即ち、この事は何を物語るかと申しますと、こう言う事になります。

大病院の精神科や有名クリニック(即ち薬物療法)では、以下の「症状化メカニズム」の悪循環を断ち切る事が出来ない!要するに、薬では「首の極度の凝り」を治せないのであります。
この事にようやく、一部のお医者さんが「気がついた」、と言う事を是は意味するのであります。
精神科のお医者さんは首を触りもしないから、「首の極度の凝り」それ自体を認識(診断)出来なかつたのです。故に認識出来ないものを治す事は出来ない、は道理なのであります。
尚、薬で視床下部を活性化しても、根本の「首の極度の凝り」を解除しなければ、又直ぐ元に戻ってしまいます。
例を挙げれば、「ピサの斜塔」を直すには、階上部だけを修理しても無駄で、土台を根本的に修繕しなけれは直らないのと同じです。

自律神経失調症・パニック障害等神経症になるメカニズムは以下の通り。
ストレス・長時間PC(携帯・ゲーム)等首の極度の凝り⇒脳への血流障害⇒視床下部のダメージパニック障害・不安障害・各種神経症(症状:めまい・動悸・吐き気・息苦しい・恐怖感・不安感他)
*うつ病になるメカニズムは以下の通り。
ストレス・長時間PC(携帯・ゲーム)等首の極度の凝り⇒脳への血流障害前頭葉DLPFCの血流量減少)⇒へんとう体の過剰暴走(不安・恐怖・悲しみ・憂鬱の過剰)うつ病
 
(注: DLPFC=前頭前皮質背外側部)

【NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」】でも、前頭葉の血流量減少が、うつ病原因になる、と以下のように報告している。
〔以下、放映分要約〕
*薬による治療では、上記メカニズムは改善できないと言うこと。
*ひとくくりに「うつ病」と診断されてきた患者の中に、実はさまざまなタイプの精神疾患が含まれていることが分かってきた。誤診を防ぎ適切な治療につなげられると注目されているのは、脳血流の画像診断装置・光トポグラフィー(NIRS)による診断だ。前頭葉の血流量の変化を測定することにより、「うつ病」と症状が似ている「双極性障害」や「統合失調症」とを客観的に見分けられるようになってきた。また薬による治療で改善が見られない患者への新たな治療法として注目を集めているのが、脳に直接、磁気刺激を与える方法だ。機能が低下している脳の部位を磁気で刺激し症状を改善しようというもの。 

〔院長:補足説明〕 
尚、脳に直接、磁気刺激を与える方法で、
「磁気
前頭葉DLPFCの血流量増加へんとう体の暴走抑制⇒うつ病改善」
が出来たとしても、根源的な肝腎の「首の極度の凝り」を解除していなければ、再度「前頭葉DLPFCの血流量減少」即ち、再発をしてしまう可能性が大なのです。
やはり、前述の「土台を根本的に修繕しなけれは直(治)らない」は、ここにも当て嵌まるのであります。
当院療法は「首の極度の凝り」を解除し、それに繋がる上記「メカニズム」を解除できるが故に、治癒に繋がるのであります。
 

*番組 【NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」】は現在観る事ができません。以下サイトから、解りやすい「画像入り解説」が観られます。画面をクリックして下さい。

NHKスペシャル 「ここまで来た!うつ病治療」 2月12日

又は、宝島社新書『NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる』」で詳細を読む事が可能です。

院長の声(重要)   当院紹介(所在地・料金他)    (トップページへ)
                               
参照:院長ブログ


下欄は「症状と治癒」実例。


【精神科系:病気の根源】

参照:視床下部図  視床下部経路図
《症状履歴・服用薬他》

症例1.男性51歳(東京都))・会社員
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*うつ病・パニック障害

肩こり・下痢・便秘・胃痛・不眠症・頻尿・性欲減退・乗物恐怖・
閉所恐怖・出勤拒否


*症状履歴:原因等

3年前に声が出なくなる。
それ迄1年半休日なしの働き尽くし。残業・深夜勤務多し。パソコン5年、1日5時間。
その間3ヶ月に一度は吐き気あり。

その後毎日、吐き気あり。(病院では胃潰瘍と診断、投薬)
1ヵ月後、声がより出なくなり、細々としか話せなくなる。
大学病院精神科出原因は強度の疲れとストレスからと診断される。

2年間,胃薬・抗うつ剤・安定剤服用で治りかけたと思ったが、4ヶ月前、再発(声の異常・その為のパニック状態)。
3週間入院、やや落ち着きを取り戻す。

大学病院の診断結果では原因は、幼児期少年期の
恐怖か抑圧体験(フロイト学派的見解?)ではないかとの事。


*原因

過労・パソコン5年、1日5時間。


*服用薬

  上記通り。


*治療経過(施術:最初5・6回は毎日。以降、週2〜3回。計約20回


1回目後:首・肩の辛さが好転。

3回目後:眠れるようになる。口渇感薄らぐ。

6回目後:声が出るようになる。

10回目後頃から:不安感出なくなってくる。職場復帰。

約20回目後:回復。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

《その他症例》

男性・25歳事務職・パソコン操作(1日8時間・二年間従事) 吐き気・動悸・胃痛・肩こり・腰痛胃痛・吐き気は胃腸科へ行っても、どこも悪くないと言われた。 腰痛は2回目から楽になった。吐き気・胃痛は4・5回目から楽になってきたが、仕事が忙しいときに時々痛くなる。
女性・28歳事務職・パソコン操作(1日2時間・二年間従事) パニック障害:一年位メンタルクリニックに通ったがよくならず。(下痢・不眠症・腹痛・胃痛)原因は百万円借金のストレス。満員電車がだめなので、快速のグリーンで通勤 。治療1回目後、今まではビール5本飲まなければ眠れなかったのが、眠れるようになった。現在続行中。

 最近の症例:その2  

女性(中学2年)・パニック障害・生理痛:強烈な生理痛の為、生理が来ると猛烈な吐き気で、大学病院へ入院の繰り返し。治療4回目に丁度、生理。痛み半減(本人の言)。吐き気も辛くなく、入院しなくて済む。
男性・48歳管理職札幌から転勤後、激務が続く。
動悸・めまい・胸の痛み・不整脈。お医者さんに診てもらったが、心臓他異常なしといわれた。(原因は仕事、人間関係のストレス)。治療3回目後、胸の痛み・不整脈・動悸消える。6回目後、めまいは出な
い。
女性・28歳パソコン操作(1日6時間・二年間従事) 頭痛・腰痛・肩こり・喘息・アトピー(アトピーは、パソコンをやってからひどくなった。) 3回目後、喘息は楽になった。8回目後、アトピーは変化が出てきた。

女性・23歳パソコン操作(1日7時間・二年間従事) 息苦しい(過換気症候群)・動悸・吐き気・胃痛・頭痛・肩こり・首の凝り・食欲不振・不安感息苦しさの為、二回救急車で運ばれる。ノイローゼ(不安神経症・疾病恐怖症) 治療回数五回目現在息苦しさ・吐き気・胃痛消える。食欲出る。食べても胃は痛くならない。動悸・不安感まだ少しあり。肩・首の凝り・頭痛は楽になった。
女性・25歳パソコン操作(1日8時間・五年間従事) パソコンの仕事を始めてから特に生理痛がひどくなった。頭痛・肩・首の凝り。首・肩・頭痛は1回目後から楽になった。4回目後の生理日のとき、痛みは半減していた。

*********************************

〔最近の治癒例〕

性別・年齢・住所

症状

治癒状況

本人の声

 男性・36才

千葉県内

 パソコン病

(10年毎日6時間PC使用)。

一年前、電車の中でパニック。それ以来電車恐怖。

(不安・動悸)

 週2回X3=6回で治癒

千葉から 東京まで快速のグリーン車で行かなければならなっかったのが普通で乗れるようになった。

 女性・29才さいたま市

 パソコン病

夜勤中もPCで、生活のリズムが狂う。

 

通勤中、発病

(動悸・吐き気・息苦しい)。

 1日2回コースX8=16回(8日間)で治癒。

 普通に、夜勤もこなせるようになった。

 男性・48才・福岡市

*自律神経失調症(PC病も含む)

頭痛・吐き気・動悸・乗り物恐怖。

 *20年間、精神科その他様々な治療をするが、治らず。

 2〜4日間(3・4回コース)を月一回。

約3ヶ月で概ね治癒。

 是で諦めていた結婚が出来る!嫁さんを探すつもり。

 

 

 

 



当院紹介(所在地・料金他)    (トップページへ)


複合症状:症例
お気軽にメールカウンセリングを(無料)

又は、カウンセリング送信用(こちらが書き易いです)
次へ
戻る
戻る


当ホームページ掲載内容の知的所有権は、《自然心療:自然整体》院長にあります。
  無断の借用・転用を禁じます。
Copyright (c) 1999-2005 《自然心療:自然整体》All Rights Reserved
QLOOKアクセス解析